So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエット 食事 レシピ

ダイエット中は食事制限が基本になるので、ダイエットレシピを上手く活用していきましょう。なるべく、食事のストレスが溜まらないレシピを選んでいけるといいですね。

 

ダイエット 食事制限なし

ダイエット食事制限なしでも痩せていこうと思えば痩せていくことが出来ます。

ダイエットの基本は、摂取カロリー以上のカロリーを消費していくことです。
ですので、運動をしっかりしている人であれば、食事制限なしでも体重落としたり、維持していくことも可能だと思いますよ。

ちなみに、より効率よく体重を落としていきたいのであれば、有酸素運動だけではなくて、筋トレも行っていくようにしましょう。

筋肉脂肪を燃やす働きがあります。
ですので、筋肉量を増やしておくことで体重を落としていきやすくなります。

また、有酸素運動前に筋トレを行うと、効率よく脂肪を燃やしていくことが出来るそうです。
筋トレを行うと、成長ホルモンというホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンは体脂肪を分解する働きをするので、運動前に筋トレを行うことで、効率よく脂肪を燃やしていくことが出来るのです。

更に言うと、夕方16時以降は体温が上がっていますし、交感神経も活発です。
成長ホルモンが分泌される時間帯だとも言われていますので、この時間に筋トレや運動をしていくのも運動効果を高くしてくれるのでおすすめですよ。

もちろん、カロリー制限もしていければ、ダイエットは進めていきやすくなりますが、自分が始めやすい分野から始めていくのもいいと思いますよ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット 食事 1週間

ダイエット中の食事のメニューを1週間分紹介しているサイトもありますので、参考にしてみてはどうでしょうか。

ダイエットは食事制限と運動が基本です。
摂取カロリー以上のカロリーを消費していけば、体重を落とすことが出来るので運動よりは先に食事を制限していった方がダイエットはしやすいと思いますよ。

極論を言えば、食べなければ体重は落ちていきますからね。
ただ、絶食ダイエットはリバウンドをしやすいですし、心身ともに健康を害する可能性が高いですからおすすめ出来ません。

そのためにも、最低限の食事をしつつ、健康的に痩せていくための食事のメニューは守っていった方がいいのです。

1週間のメニューを考えるのが難しいなら土日だけでもいいです。
少ない日数からでも、しないよりはマシです。
もしくは、休みの日に作り置きをしておいて、仕事から帰ったら温めて食べれるようにしておくのもいいですね。

体重が落ちるのはすぐに実感出来ないかもしれませんが、続けていくことが出来れば最終的には、目標体重をクリア出来るはずです。
やらなければ、という気持ちでダイエットが面倒になったり、ストレスになってしまうと失敗に繋がってしまいますので、出来ることから行っていきましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット 食事 朝

ダイエット中は朝食を食べるか食べないかで悩むかもしれませんが、結論から言うと「どちらでも大丈夫」です。

朝食を食べないことのメリットは、一日の摂取カロリーを減らせるということです。
ダイエットの基本は一日の摂取カロリーを調節して、適度な運動をしていくことで体重落としていきます。
普段、朝食でどのくらいのカロリーを摂取しているかは人それぞれ違うとは思いますが、それが丸々無くなりますので、昼や夜の食の選択肢を増やせます。

その分、日中の活動に必要なエネルギー摂取が出来ないので、集中力が途切れたり、体に力が入らないこともあります。

朝食を食べると、その分太るように感じるかもしれませんが、昼間は誰だって活動をしていることが多いです。
若い人であれば、何もしなくてもエネルギーを消費する基礎代謝もありますから、それほど気になる必要はありません。

もし、どうしても心配なら、帰りに一駅分歩いたり、階段移動にしてみるなど、運動を取り入れていってみましょう。

朝の食事で食べたものは、夜には消化されていますので、太る原因にはなりにくいので、一日の摂取カロリー以内に収まるような朝食を食べていくのもいいと思いますよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット 食事 夜

ダイエット中の夜の食事は注意していくようにしましょう。

夜は食事のあとの予定が寝るだけの人が多いですから、なるべく控えめにしておくのがおすすめです。
消化の良いものを食べて、胃の中を空っぽにした状態で眠れるといいですね。

夜の22時以降は、体が脂肪を溜め込もうとする働きをするそうです。
特に夜中の2時~4時は、その働きがピークになるので、胃の中は空っぽである方がいいのです。

ただ、夜は人と食事をする約束をしている人も多いですよね。
その際は、よく噛んで、ゆっくり食べていくようにしましょう。
そうすれば、食べる量を減らすことも出来ます。

出来れば、食べる順番も野菜→汁物→たんぱく質(肉や魚)→炭水化物といった順番に出来ると、血糖値の上昇を緩やかにすることが出来るので、太りにくいです。
ゆっくり食べていれば、だいたいたんぱく質の辺りで、満腹中枢が刺激されて、その後は食べる量をセーブしやすいと思いますよ。

最低でも寝る3時間前までに食事を終えておけるのが理想です。
ダイエットの邪魔にならないような食事の仕方をしていくようにしましょう。

出来ればお粥やスープなどの軽いものを食べて、寝てしまうのがいいと思いますよ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。